人気ブログランキング |

写真と空と自転車と

タグ:美術館 ( 4 ) タグの人気記事

能面

c0015099_23423636.jpg
c0015099_23422568.jpg


第50回 能面を作る会 新作展にMT氏が制作した能面が展示されている。久々なのでぶらりと自転車に乗って会いに行ってきた。昨年は1年目で1作目なのによくここまでと思うほどよくできていたが、今年はさらに良いものになっていた。いい師匠につくというのはこういうことなのだと思う。今年は「十六」という名の面。能の「敦盛」に登場する、一ノ谷の戦いで討たれた弱冠十六歳の公達、平敦盛である。憂いのあるいい表情をしている。

能は昨年、能の発祥の地である奈良県の田原本町で、一昨年につづいて田原本たすきの会の能を見に行った。能と狂言を一題づつ。「寝音曲」と「熊坂」。長くつづいているものは、伝えていくことです。

今日は50周年記念なので特別にシテ上野朝義さん演ずる「翁」。面を掛ける動作が舞の中に入っている演目です。その後は面打ち師 見市泰男さん、シテ上野朝義さん、現代舞踊のジュンさん、三人による鼎談があり興味深い話を聞くことができました。長野県茅野市、約4000年前の中ッ原遺跡から発掘された仮面の女神は、冠と面をつけて舞をしている姿なんだとか。頭の後ろには面を止める紐がくくられていることが見て取れます。足元は能装束の袴のように見えます。聖徳太子の時代に秦河勝から始まり、室町時代に観阿弥・世阿弥によって完成されたと言われる能楽は、縄文時代まで遡ることができる芸能だったわけです。

もう一つの話は、舞踊家のジュンさん。日本の舞の動きは右足と右手が同時に前に出るナンバという動きです。為末選手のナンバ走りもそうですし、タイ式ボクシングも同じ左右2軸の動きです。同じ動きを探して世界を周ってみた結果はぐるっと環太平洋に分布している。半島の格闘技であるテコンドウは右手が前に出るときは右足が後ろに下がる、体の中心で回転する1軸の動きになっているので、全く違う動きだそうです。環太平洋の共通点は2軸の動きナンバとふんどし。インディアンもハワイ、サモアの人も確かにふんどし文化です。さらに納豆トライアングルというのがありまして、日本・ネパール・インドネシアの三角形の地域に発酵食品の文化圏があるという説。さらに中央アジアから、ケルトまでつながっている。能からはじまり時間軸は縄文へ、地理軸は環太平洋から、ケルトまで広がっている。

芝居という言葉は、もともと何もないところで演じていたことからくる。能楽でシテを演じる上野さんから見れば、現代舞踊のジュンさんの舞から、もともとはこういうものだったんだろうという原始の舞を感じているそうです。


knos3

190106
c0015099_00505541.jpg
c0015099_00504972.jpg
c0015099_01012853.jpg


c0015099_23482773.jpg




by knos3 | 2019-01-08 22:00 | 美術 | Trackback | Comments(2)

フィンランド・デザイン展、アルヴァ・アアルトの椅子


c0015099_16450191.jpg

愛知県美術館で開かれているフィンランドデザイン展に行ってきた。フィンランドのデザインが近代からミッドセンチュリーをへて、今どうなっているのか確認をしに・・・・。一昨年にコペンハーゲンとヘルシンキに行ってから北欧のデザインが気なっている。

現地で感じたのは、今でもミッドセンチュリーのデザインが彼らのライフスタイルとして生活に溶け込んでいるということ。ミッドセンチュリーのデザインは流行(ファッション)という消費され流されていくものではなかった。洗練されより質の高い生活のためのデザインが求められているのだろう。

今回のフィンランド・デザイン展ではおなじみのアルヴァ・アアルトの展示の前で、同じ椅子が休憩に使われていた。アームチェアARMCHAIR 41 "PAIMIO"、やCHAIR 611、STOOL 60 など。皆、好きな椅子に座って「これがいい」とか言ってます。実際に座って体験できるのはいいことです。

その中では黒いベルトで編んだCHAIR 611が座りやすかったので、監視員の気配を感じながらもipadの水平器アプリで座面の傾斜角と背面の傾斜角を測ってみる。

座面が3度、背面は76度。

側板が微妙な曲線で奥が下げてあるのと座面が3度というのが腰が奥に落ちつく絶妙な角度だった。布のベルトが少し沈むのもいいのかもしれません。座面の奥行きが浅いので私にはちょうどいい。我家の標準はヒノキの椅子ですが、座面が2度、背面は79度なので、CHAIR 611の方がやや角度が寝ていることになる。3度は腰が安定する角度なのだ。


ARTEC HPよりCHAIR 611

c0015099_16281050.jpeg
ARTEC HPより
c0015099_16364991.jpeg
今はフィンランドの家具メーカーであるARTEC社の製品。

c0015099_16463164.jpg

図録に載っている写真のPAIMIOは座面が積層になっていて、座板と背板の厚みが変えてある。座板以外は単板一枚分薄くなっている。角度は座面が7.3度、背面が66度。形が体に合っていないので、私には座り心地はいいと感じられなかった。

もひとつ、曲げ木張り地の椅子が、座面が9.4度、背面が75度になっていた。人の姿勢も座り方も様々、人種によって骨盤の角度も違うので、一概には言えない悩ましい問題です。

170428

knos3






by knos3 | 2017-05-08 19:30 | 木工所「折々」 | Trackback | Comments(2)

大山崎山荘美術館 野口哲哉の武者分類図鑑

c0015099_22301211.jpg
c0015099_22304190.jpg
c0015099_2231282.jpg


大山崎山荘美術館で、野口哲哉の武者分類図鑑を見て来た。いい季節なので片道30kmの道のりを、嫁を誘って自転車で・・・・。淀川を北へ、枚方大橋を渡ってまた淀川右岸を北へ。天王山が見えて来るとサントリー大山崎の前を通り抜けて大山崎山荘へ。手前の坂が10%はあろうかという急勾配、ここは無理してでもダンシングで上って行く。

ここは、いつ来てもいい。趣きのある日本庭園の中に英国風山荘の赤い瓦屋根が映える。伝統の和と洋が違和感なく調和している。この季節はモミジの新緑に赤い翼の生えた種が輝く。

武者分類図鑑は、鎧を纏った武者姿の人形が並んでいる。よく見るとヘッドホンをして空を仰いでいる。「誰モ喋ッテハイケナイ」・・・音楽に聴き入っているこの鎧武者なにを聴いているのだろう。

猫背で、しょんぼりと座っている姿も鎧を纏っている。Things of operation 稼働する事〜Haramaki Style〜 〜紫糸威腹巻 筋兜鉢付〜 昨日なにかありましたか・・・・?

思わず声をかけたくなるような、親近感がある。相手は鎧武者なのに・・・。

作品の多くは鎧を纏った武者、しかも骨董品の鎧にプロペラやロケットを装備として身につけ、空を舞っている姿もある。古道具風の大和絵に描いたり、骨董の武者人形が超精巧に出来ているだけに、異次元の世界なのに身近な現実感を感じさせる。

明治の時代に失った、戦国時代から江戸時代にかけての洗練された武士の美意識が、現代のユーモアとともにそこにはある。

思わず欲しいと思わせる、そして友達に「これいいでしょ!」と自慢する。これがアートの在り方の基本なのだろう。山下信一北川宏人の世界と通じるモノがある・・・・・と思います。



枚方の そばきり「T」で休憩。目測で7mx1.5mの巨大なブビンガの1枚板の大テーブルがある店。テーブルはいいモノ使っているし、そばも鴨汁もうまいのだが・・・・。遅いっ!遅すぎるぅ!(怒)

走行距離 59.96km 走行時間 3h04m51s 平均速度 19.4km/h 最高速度 45km/h 

140518

knos3

c0015099_2231269.jpg
c0015099_22314854.jpg
c0015099_22323450.jpg
c0015099_22324198.jpg
「Talking Head 」入り口のポスターを接写した写真です。
by knos3 | 2014-05-21 22:00 | 美術 | Trackback(1) | Comments(2)

トーキョーワンダーウォール 三瓶玲奈展

c0015099_014358.jpg
TOWER

トーキョーワンダーウォール 「cable」三瓶玲奈 Reina Mikame

2012年12月6日(木)ー12月27日(木) 9:00 ー 17:30 土・日・祝日は休場
東京都庁第一庁舎3階南側空中歩廊

c0015099_165779.jpg
手前の空中歩廊で開催中。



c0015099_014390.jpg
嘗て


c0015099_022917.jpg
不親切なステップ

c0015099_0533112.jpg
場所による

c0015099_055188.jpg
untitled

c0015099_131077.jpg
地点



20121214

knos3

c0015099_14928.jpg

by knos3 | 2012-12-18 00:09 | 美術 | Trackback | Comments(6)