写真と空と自転車と

ひとまず一年間の修行は終わりました。

c0015099_14585815.jpg



半年の予定で昨年の5月から始まりましたが、4月でちょうど1年を迎え、ひとまずの修行は終わりました。半年ではまだ何もできない状態でしたし、ちょうど忙しくなってきたこともあり半年延ばしてもらったことでいい経験をさせていただきました。おかげで一番簡単な仕事なら概ねできるようになりました。とはいってもまだまだ職人とは言えない、見習いですが・・・・。若師匠たちの仕事を横で見て感じることができただけでも大きな財産です。ありがとうございます。

1年間で学んだのは。とにかく丁寧な仕事をすること、今できなくてもつづければ誰でもできる・・・・。経験することが大切・・・・。失敗は誰でもすること、だから失敗しないように常に気を配り、確実に製品としてを仕上げること。最適な材料を選び、加工の方法、正しい順番を考え、工具を使いこなし、正しい寸法で部品をつくる。そしてその部品を正しく組み立てる。

いい仕事は美しくなければいけません。いい仕事をするにはいい目を養うこと。なかなか見てもらえませんが、若師匠に見てもらうと一瞬で悪いところを指摘されます。材の目が悪いところ、加工が悪いところ、仕上げが悪いところ、一瞬見ただけでもけっして見逃しません。0点か100点しかないと常に言っています。納得いかなければ躊躇なくやり直すと・・・・。ですから常に100点。私の目にはまだまだ見えていないようです・・・・。時間がかかってもやることをきちんとやる、頭で考えたことを、体に覚えさせなくてはいけません。

若師匠の作業を見ていると、どんな時でも、いつもの一定のリズムで淡々と手を動かしています。急ぐこともなく、けっして頑張りません。頑張っていないというと良くないように聞こえますが、淡々と一定のリズムで仕事をするということは、常に集中力を持続するために、力まず、焦らず、1日8時間、常に一定のリズムで手を動かすことができないといけません。若師匠からは仕事への姿勢や技をいろいろ盗ませていただきました。ほんとうにありがとうございます。

自習でつくらせもらった桧積層スピーカーはやっと完成しました。昨年は背板の積層曲木から側板の積層板を仕込んで、内部の枠組みまで。3ヶ月の空白をはさんで今年に入ってからは、バッフル板の木取りから穴あけ加工、台輪の加工、組み立て、内部結線の半田付けまで、1日フルに8時間作業しても9日間ほどかかってやっと完成することができました。一年間フラッシュ工法による店舗内装の什器、造作の仕事をしてきたが、これをやっているときは表情がいつもと違っていて活き活きしているらしい、「こっちの方がいいで・・・・」とアドバイスをいただき、社長からはことある度に「売れるもの作らな・・・・」と励まされている。

一流の職人たちのかたわらで仕事ができたことで、自分ができることの限界と可能性がわかったように思います。

さあこれから何をつくりましょうか・・・・・。

180421

knos3

c0015099_15031854.jpg

# by knos3 | 2018-05-03 22:00 | 木工所「折々」 | Trackback | Comments(2)

吉野桧厚突板曲物スピーカー、あともうすこし

c0015099_18401001.jpg
4/13


作り方は決めてあったが、作る過程で試行錯誤しながら変わっていく。

試作品なので後で内部を加工することができるように、バッフルと板と台輪を外せるようにしておく。バッフル板に無粋なボルトは見せたくないので、内部から止める。骨組みが15mmではM5の鬼目ナットを仕込むには細いので、さらに補強を入れる。ユニットをしっかりと止めたいので、バッフル板は15mmのエンジュから手持ちのアメリカンチェリー26mmの厚板にしてみた。

バスレフの音はどうも好きになれないけれど、試作品なので後で埋めることにして、いくつかあるメーカー推奨箱に合わせて40mm径、110mm、共振周波数50Hzにしておく。ちなみにユニットのFoは64Hz.。バスレフダクトは木製、桐のように軽いジェルトン材で作ってみた。

側板を接着してトリマーの目地払いビットで形を整える。逆目は欠けやすいで倣い目で。ビットの回転が逆になる面もあるが1mmずつ慎重に・・・・。箱ができると、指でコンコンと叩いて音を聴いてみる。ポンポン、コンコン、カンカン、コツコツ、と叩く場所によって音が違う。力木を入れたところは、コンコン、ないところはポンポン、出来るだけ余分な響きが出ないように、バイオリンでいうところの魂柱で側板の間を突っ張って見る。あくまでも感ですが、2本入れておおむねポンポンと鳴るところはなくなったが、音を出してみないとなんとも言えないのであとは聴いてから調整する。

今回は新たな試みとしてメーカー推奨箱の補正回路を組み込んでみた。0.4mHのコイルと、40Ωの抵抗を並列にしてスピーカーユニットとは直列に入れる。40Ωでは大きいのでは?と、音を聴いて調整するために 10Ω、4Ωを手配してある。組合せで40Ω、14Ω、10Ω、8Ω、4Ω、2.8Ωが可能になる数値。Mixelの商品説明にはPST回路でゆったりとした音になると書いてあるが、コイルが0.4mHということはハイカットフィルターでしょうか・・・・。

あれこれ考えながらの作業で、なかなか進まないが、この4日間でやっと姿が見えてきた。

180412

knos3


c0015099_18361927.jpg
4/12


c0015099_18332855.jpg
4/10



Memo
# by knos3 | 2018-04-24 11:30 | 木工所「折々」 | Trackback(9) | Comments(0)