人気ブログランキング |

写真と空と自転車と

<   2019年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

木住野佳子ライブ

c0015099_01091318.jpg
c0015099_01103758.jpg

ビルボード大阪、木住野佳子の「New year & New Release Live 2019 -nuage- 」へ行ってきた。嫁さんの仕事に合わせて9:30からの2ndステージ。

最近聴いているのは、ゆったりと心落ち着く、どこか日本の音が聴こえて来る音楽。nuageというのは木住野さんが初めて訪れたという、モノクロをイメージしたパリのとある風景。エッフェル塔に浮かぶ雲。パリで作曲したジャズなんだけどそこはかとなく日本の音が聴こえてくる。ここ2ヶ月はずっとこれを聴いていたので、すんなりと体に染み入ってくる。すなおに音に身をゆだねることができる至福の時間、たまにはこんな時間があってもいいでしょう。耳と頭で聴くよりも、心と体が受け容れる音がいい・・・・。

まずはタイトル曲の 
nuageから・・・・
La costa
New cinema paradise
Dance pf dinosaurs
Walz for debby
Somewhere before
Akari、CDのエンディング
最後にこれは外せないと、ビアソラのリベルタンゴ
アンコールは極楽鳥。

スピーカーをチューニングする耳を養うこともあって、木住野佳子が弾くピアノの音を確認に・・・・、ライブとはいえマイクがセットされているわけで、生音とは違うが音に張りがあって活きのいい音でした。ベースがいいんですよ、これが・・・・。早川 哲也という大阪のベーシストで、ガット弦を使っているそうです。詳しいことはよくわかりません。

ピアノはいけている、しかし、とてもじゃないがドラムは無理です。これは仕方がないとして、ベースはもう少し・・・、アンプでブーストしているのでまずまずですが、もうすこしブリッとした弦の質感が出るとよくなるんじゃないかと・・・。まあ11リットルという容量の小さな箱の割には大らかに鳴ってくれている。

演奏の後で、持って行ったCDにサインをしてもらい記念撮影も・・・。そうそう、元同じ会社の田村さんに出会いました。八花というところで友禅作家を目指しています。

190207

knos3

c0015099_01161266.jpg
c0015099_01180774.jpg

by knos3 | 2019-02-11 19:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)