写真と空と自転車と

<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

市場は旬


c0015099_09353271.jpg
c0015099_09353700.jpg
自転車に乗って、天満市場へ。夏の暑い日はお好み焼きとかき氷がわがやの定番になっている。天神橋筋商店街のせまい路地にはいると頭の上で大量の室外機がうなっている、夏だから・・・。

市場には旬のものを買いにいく。夏の果物は桃がいい。今年は豪雨の影響で入荷が少ないんだとか。盆の頃にはもう入ってこないんじゃないかと・・・心配していた。わが家には大糖領を1個だけ買ってくる。

ここは市場だけあって全国の青果、鮮魚が集まる。安いものもあるし、上等なものもある。品揃えの幅が広い。おもしろいところでは、料理屋が仕込みにくるので、専門の八百屋があり、アーティチョーク、リーキ、ホワイトアスパラ、ラベンダーアスパラなども取り揃えてある。

なにより、通りすがりに聞こえる魚屋のにいちゃんの掛け声「昨日まで沖縄の海にいた海ぶどう、こんな大粒見たことないやろ・・・・」と。

ここへは週に一度来ています。出汁に使う削り節は、目に前の大きな鉋で削っている「丸亀かつおぶし店」で。煮物につかう濃いめ出汁というと、サバの方がいいで!缶に入れたらあかんで紙袋のまま冷蔵庫や、と教えてくれる。いまでは上等なかつおより煮物や味噌汁にはこっちがおいしいのでサバ削り節を冷蔵庫に常備している。つぎは昆布やのおっちゃん、昆布は日高は・・・・羅臼は・・・・濃い味なら羅臼やな。大阪は出汁の文化だから削り節と昆布はちょっとうるさい。

吉兆で板前の経験があり、家庭料理研究家である土井善晴さんの言葉で、「家庭料理が一番うまい」その心は、季節感のちがいにある。料亭は季節を先取りして「走り」を粋に食べさせるところですが、家庭では今が盛りの旬をいただく。ともに季節を愉しむことに変わりはありませんが、たしかに旬は安くてうまい。それに加えて、家庭では茹でたて熱々をいただくことができるが、料亭ではとうてい無理なこと。ここも家庭料理ほうに軍配があがります。

おいしいものにこだわるより、旬のおいしさをいただき、普通の食べ物をおいしいと思える感覚の方が、幸せなんじゃないかと・・・・。

180805

knos3

c0015099_09503835.jpg
c0015099_09425052.jpg

by knos3 | 2018-08-15 10:30 |

第30回なにわ淀川花火大会

8月のお題「夏」
c0015099_20092264.jpg
c0015099_20104852.jpg
c0015099_09253431.jpg
c0015099_09221642.jpg
c0015099_09261403.jpg
c0015099_20334298.jpg
c0015099_20323529.jpg

春はあけぼの、夏ははなび、暑い中でも、花火は行く。夜空に眩しく輝く光とズッドゥォーンと腹に響く音、打ち上がってしまえば、すなおに体が反応します。新作を見つけるのも愉しみのひとつ。青い大玉の中の白い模様が幾何学的に変化していく姿にハッとする。

なにわ淀川花火大会は今年も大盛況、いつまでもつづいて欲しい大阪の夏の風物詩のひとつですから、今年も船にのりました。今年から、市と府、国交省も協賛しているようです。

大川、淀川に沿って自転車で走ると、ゆっくり行っても30分。入り口前の階段まで辿りつけますから、いくつになっても自転車で行くことに・・・。人の混雑には困っていましたが、うまく流れを作れるようになってきた。見物客もなれてきたのか、快適に見ることができるようなってきた。毎年進化している花火大会に感謝。

見た目とはまったく違う絵が好きではなかったのですが、カメラが変わったことを機に今年は初めて花火モードを使ってみました。手持ちなのでぶれてますが、簡単キレイですね。来年は小型三脚を持っていこう・・・。

180804

knos3





by knos3 | 2018-08-06 09:30 | 都市 | Trackback | Comments(2)

8月のお題「夏」

7月のお題—「温風至」



c0015099_18081452.jpg

夏の暑さがつづきます。今年は長期夏休みのような、ひさびさに解放された自由な気分で夏を過ごしています。

この夏は夏らしい夏、猛暑、大雨、台風と自然は大きな力をふるっています。

そんな夏にふさわしく、今月のお題は、まさに「夏」

・夏の朝天動説をかたくなに
・夏なのにもう落ちるのか未熟の葉
・気がつけばまた汗光る夏に入る
・貸しボート浜に引き上げ夏終わる
・水やりも日課となりぬ夏に入る
・夏の牛そこにはゐないやうな顔
・サンダルの焼かれた素足夏の色

人にとっては過ごしにくい夏も、いきものにとっては成長の季節、青々とした田んぼ、白い入道雲、眩しい光、夏ならではの写真を切り取ってください。

knos3

180801

c0015099_18092298.jpg



by knos3 | 2018-08-01 06:00 | 写真部 | Trackback(9) | Comments(0)