写真と空と自転車と

<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

丹生川から富貴、五條。 01

11月のお題「落葉」

c0015099_1925437.jpg
c0015099_1984490.jpg
c0015099_1991470.jpg
6時に起床、超多忙の日々が続いていて、すっきりしない朝の寝覚め。朝食を摂りながら・・・・朝の時間をゆっくり過ごす。どこへ行こうか想いを巡らせ・・・・橋本から丹生川を溯って、天川から洞川、五番関を通って吉野まで、行ってみるか・・・・?。

出発は遅めの8時50分、9:24の南海高野線急行・極楽橋行に乗り込む。橋本には10:15到着。

高野山ルートのR370、赤瀬橋を曲がらずに直進、高野山の北東を流れる丹生川を溯って行く。玉川峡の道はなだらかに上って行く、ところどころに急な坂もあるが平均的な斜度は1-3%、軽く負荷がかかった状態で18ー20km/hで上って行けるくらいの勾配。和束川の上りと同じくらいか・・・・。車も少なく走りやすい。

道端の真っ赤な紅葉が目に飛び込んで来る、鮮やかな紅葉が朝日を透して輝いている。見上げると青い空に黄葉が映える・・・・。山の上は杉の緑に混じって広葉樹の紅葉が広がっている。

雲の合間から覗く日の光で、紅葉の輝きが刻々と変化していく、いい色だ。

R371と合流、河合橋からR371と分岐して丹生川に沿って上って行く、穏やかな山間の道。神社を左手に見て橋を渡る、しばらく行くとログハウスのレストランが見えてくる、ここが分岐点。右へ行くと天川ー洞川、まっすぐ行くと富貴を通って五條へ抜ける道だ。

時間はすでに13:20。洞川まであと35km、折り返しても70kmなら4時間はかかる。日没の5時まで3時間半・・・・、強力なライトを2つ付けては来たが、夜の山道は避けたいから、富貴経由で五條へのショートカットを選ぶ。


走行距離 76.58km 走行時間 3.05.28 平均速度 20.7km/h 最高速度 53.4km/h

081129

knos3

c0015099_1994460.jpg
c0015099_21595065.jpg
c0015099_19231197.jpg
c0015099_19234944.jpg


ALPS LAB ROUTE 橋本ー九度山ー丹生川ー富貴ー五條c0015099_2011055.jpg

日が短いこの季節、山の中を走る時は、日没後の安全を考えてパワフルなヘッドライトを2灯、キャットアイ・HL-EL520。

c0015099_12103147.jpg

by knos3 | 2008-11-30 20:30 | ツーリング | Trackback | Comments(2)

大阪城の若葉。

11月のお題「落葉」

c0015099_18444948.jpg

大阪城公園で初夏の頃に集めた、新緑の葉っぱを押し葉にして額縁に入れてみた、もう18年も前の事。

時は流れて、鮮やかな緑色の葉っぱは額縁の中でゆっくり紅葉して・・・・・。

櫨の木(ハゼノキ)、欅(ケヤキ)、桜(サクラ)、唐楓(トウカエデ)、銀杏(イチョウ)、泰山木(タイサンボク)・・・・・etc・・・・?。


c0015099_18451746.jpg


081115

knos3
by knos3 | 2008-11-28 21:00 | 自然 | Trackback | Comments(0)

再びアートコートギャラリーへポタリング。

c0015099_18331369.jpg
c0015099_1834888.jpg

先週、通勤の合間によったアートコートギャラリー、翌日の公開製作も見たけど、アニアス・ワイルダーの完成した作品がどうなったのか気になるところ、それを確認しに、再びアートコートギャラリーへ。自転車で2-3分のところにある最寄りのギャラリーだから、夕方、日が傾いた頃に出かける。

空が四角く抜けた中庭には、欅の枯葉が落ちている。

高さ8.0mの天井が高い空間には、5.0mの球体が完成していた。板を乗せただけの、微妙なバランスで成り立ってる球体は、ふわっとした存在感でそこにあった。ギャラリーのオーナーさんが、彼はもっと薄い板でかろやかに組みたかったのだとか、板の乾燥が不十分で反ってくるから厚い板にした・・・・とか、三日いっぱいかかって組みあげたのだと話していた。

こうしてモノを創る人は、すばらしい、ただただすばらしいと思うのだ。

c0015099_188479.jpg
西野康造 1992 気流―風になるとき スパイラルガーデン

1室では常設展が展示されていた、アートコートギャラリー取り扱い作家 西野康造。上の写真はスパイラルガーデンで展示された作品だが、同じ形で翼長50cmほどの小さいモノが展示されていた。空に浮かんだ造形、鳥の形をしたモビールは、チタン合金の線材で組まれたもの。息を吹きかけるとゆるやかな風でもふわりふわりと浮かび上がるように舞う。なめらかな動きはまるで生き物のよう。作品を創る時の想いは、「記憶のなかに埋もれたものを掘り起こす作業」確かこんな事が書いてあった・・・たぶん。

日本のモダンアートは今、彫刻・立体がおもしろい・・・・。

081122

knos3
by knos3 | 2008-11-23 23:55 | 美術 | Trackback | Comments(0)

ユリの木

c0015099_21394528.jpg


我家を出ると目の前にグラウンドがある、街路樹のユリの木が黄金色に輝く。

見近にある自然も一瞬の美しさを見せる。

081121

knos3
by knos3 | 2008-11-22 09:00 | 通勤 | Trackback | Comments(0)

無風

c0015099_21465183.jpg

朝っぱらからメールが来た。いい富士の姿、あっぱれ(天晴れ)。

「無風」という題で、新幹線の車中から届いた嫁の携帯写真。

081120

knos3
by knos3 | 2008-11-21 21:47 | 生活 | Trackback | Comments(0)

シルベストサイクル試乗会に行って来た。

c0015099_0111611.jpg
c0015099_0114343.jpg
上の写真はクリックすると大きくなります

c0015099_22294095.jpg


シルベストサイクルの2009モデル試乗会へ行って来た、サイクルモードでは出展していなかったルックやタイムの最新モデルに試乗出来るという、またとない機会だから、朝からの雨にも負けずに淀川へ・・・・。雨が降っても大丈夫な新御堂の高架下へ・・・・。

何台か試乗してから、チャリンコ研究所所長にポジションチェックしてもらった。楽に遠くへ・・・・マイコンフォートポジションはどうなのか・・・・気になるところ。今中大介氏の推奨するレーサーポジションを基本に、体と走り方に合わせて少しずつ調整して来た。ハンドルを20mm近づけ、20-40mm高くしてサドルとの落差を小さくして。立て気味にブラケットを取り付けてある。ロングライド仕様の楽チンポジションなのだが、いかに・・・・。

嫁ともにいいポジションですということで合格をもらった。長年掛かって体が感じたポジションは理想だったわけだ。よかったよかった。効率の良いペダリングができて、体が快適に感じる私のコンフォートポジションはレーサーポジションとしても最適なんだとか。レーサーさん達も快適さを求めているということなのだろう。


マイペダル、マイシューズで走れる、ある意味サイクモード以上に充実した試乗会、ポジションのアドバイスもあって、これがプロショップの素晴らしいところ。所長さん、店長さん、ありがとうございました。

081116

knos3

c0015099_0172392.jpg
c0015099_0174981.jpg
c0015099_0244745.jpg
c0015099_020132.jpg
c0015099_23101748.jpg


ポジションチェックの詳細はこちら
by knos3 | 2008-11-17 23:45 | 自転車 | Trackback(1) | Comments(4)

関西文化の日

11月のお題「落葉」

c0015099_18432310.jpg

「関西文化の日」、近畿圏の9府県、福井・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・徳島・で11/15・16日に美術館・博物館が無料解放される。

芸術の秋にちなんで、行政の粋な計らいなのだ。

毎週のように行っている大阪城ですが、この機会に十数年ぶりに天守閣に上ってみた。

関西文化の日

公開製作をしているアートコートギャラリーにもよってみた、1338x12、1320、1308微妙に異なる長さの板を球形になるように積んでいる。シーンとした空間で息を殺すように慎重に積んで行く。儀式のような製作風景だった。完成までに2日。11/18から展示が公開される。ギャラリーですから写真はありません。

c0015099_2053547.jpg
c0015099_20545779.jpg
c0015099_20551732.jpg


081115

knos3x
by knos3 | 2008-11-15 23:00 | 都市 | Trackback | Comments(4)

通勤の合間に。

c0015099_19582949.jpg

小春日和の青い空、つまらん地下鉄はやめて、今日は自転車通勤。落ち葉を踏みしめながら桜宮公園を走る、風も心地よい。このままどこかへ走って行きたくなるが、そこは我慢することに。明日は休みだしね。

帰路も寒くなく、暑くなく、気分がいい。こんな時は寄り道をしてアートコートギャラリーへ。ちょうど展示替えの最中で右奥の展示室では、足場に上ってなにやら作業をしている。なんでも5メートルの球体を木で組んでいるそうだ。角材を使った幾何学的立体は、積んであるだけで最後に会場で崩すのだとか。

アニアス・ワイルダー展 ”Collider”。Colliderとは加速器のこと、粒子と粒子が高速でぶつかり合う、今年ノーベル賞を取った素粒子物理学の領域。整然とした幾何学、緊張感のある空間、といっても、どこか懐かしさを感じるフォルム。木の素材はやさしくシンプルに訴えてくる。いいね。

日曜日にでも実物を見に行こう・・・・。

c0015099_1959315.jpg
c0015099_19592349.jpg
|アニアス・ワイルダー| Aeneas Wilder 「静寂と緊張」 2005の展示
by knos3 | 2008-11-15 12:30 | 美術 | Trackback | Comments(2)

朝の窓

11月のお題「落葉」

c0015099_2257285.jpg

爽やかな朝、澄みきった透明な光、青い空、朝の光はいいね。


c0015099_22575942.jpg


081113

knos3
by knos3 | 2008-11-14 23:00 | 都市 | Trackback | Comments(0)

落ち葉の夜

11月のお題「落葉」

c0015099_2154030.jpg
c0015099_21544664.jpg
c0015099_2155672.jpg
盗難にあってから地下鉄で通勤している、カメラを使う機会が少なくなった。歩いていると、時にはいい風景に出会うことがある。

昨日はJR環状線のホームの窓に、秋の日射しに輝く紅葉した葉が磨りガラス越しに揺らめいていた。反対のホームだから、写真は撮れなかったが、橙、黄、緑がぼんやり、ゆらゆらと揺れる姿がまるでアートのよう。

今日は我家まで帰ってきたところで、足元に桜、空には月、木蓮、欅、鮮やかな色が月の光に照らされて浮かんでいる。

ストロボの強い光は不自然な写真になるから、足元に落ちている欅の黄色い落ち葉をストロボにあてて光を拡散させて撮ってみた。

真っ黒のデータは、露出を調整してやると、暗室で焼き付けするように現像液に揺られて、ゆっくりと木の葉が現れてくる。

081112

knos3
by knos3 | 2008-11-13 21:00 | 自然 | Trackback | Comments(4)