写真と空と自転車と

主治医からOKのサインが出た。と思ったのも束の間。

□主治医がレントゲン写真を見ながら、「順調に治ってますね、骨は付いていますよ。ほらここ、膨らんでいるところ、これが再生した骨です。」「きれいに、治ってます。」

□knos3ダメもとで聞いてみる、「自転車・・・乗ってもいいですか・・・?。」

□主治医 「ああ、自転車ならいいですよ。」「大丈夫ですよ。転んで手を突くと、いけませんが。注意して乗ってください。」

今日で手術から50日。完全に骨が付くのには2ヶ月掛かるそうだ、後10日。9月10日で骨は完全に治ることになる。しかし手のほうはというと、握力もまだ戻ってないし、関節もまだ充分には曲がらない。完治はまだまだなのです。そこで、専門家の指導によるリハビリテーション訓練を頼んできた。

9月からの自転車通勤は復活できることになった。よしよし。まずは自転車に慣れて、体調を整えること。10月の天竜川と、11月の山城が愉しみです。

9月は調整期間で10月完全復活を目指します。筋力は不十分ですが休養は充分。愉しい秋のツーリングが待っています。

と思ったら、今度は腰痛。階段を降りたらじわっと来た。心配なので、帰りに整骨医に寄ってみた。運動をしていた人が急に止めると良く腰痛になるそうだ。筋肉を押してもらったら、痛いところは全て自転車に乗る時に使う筋肉だった。3日使わなければ筋肉は落ちて行くと言うが、2ヶ月使ってない分けだから・・・かなり減っているんだろう。まずは無理をしないで、平和な日常生活を送る事です。今日は早く寝よう。

060829

knos3



と思ったのも束の間。

朝起きたら、動けません、いわゆるギックリ腰。ドイツでは「魔女の一撃」というそうですが、上手い事いいます。まさにその通り。日常の世界の痛みとは違う次元の激痛、魔界の激痛!あれから1週間。パソコンに向うどころか、会社も1週間休み、南の島ならず魔界の孤島で激痛と戦っておりました。

毎日、整体と病院に通って、やっと昨日人並みに歩けるようになった、今日になって短時間なら椅子に座れるようになった。ですから、痛みがやって来る前にと、急いでこれを書いてます。

c0015099_1971351.jpg

整体から帰って一眠りした夕方、ベランダで立って冷たい麦茶を飲みながら一服。束の間の穏やかな時間。座るより立っている方が極楽ですから。

窓の外で鳴いている、秋の虫の声が聴こえるようになりました。

060830-060905

knos3
by knos3 | 2006-09-05 19:30 | 自転車 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/4445506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by twtrf2 at 2006-09-05 22:34
重ね重ねお見舞い申し上げます。
ちょっといろいろじっくり直したほうが良さそうですね。
楽しみなことはいろいろありますが、やっぱ健康が第一ですね。

立ち食いの「さくさく」串かつというのもあるけど、まぁどれもこれも体調が万全になったらということで、待ってます。
Commented by ozunu13 at 2006-09-06 15:43
お見舞い申し上げます。
最近更新されていないので
何かあったのかと心配しておりました。
腰にくるとつらいですね。
時間をかけて養生してください。
Commented by kouseramu at 2006-09-06 18:23
いやはや、なんとも。恐れていたことが・・・。
お見舞い申し上げます。
リハビリは計画的に。リハビリは気長に。
ボサノバでも聴きながら、のんびり養生下さい。
そいで、きっちり、ぎっくり腰直して。
そうだ、串かつ屋に行こう!!です。
ナクルナイサー。
Commented by knos3 at 2006-09-06 21:07
激励、ありがとうございます。
みなさんから、よかったね、おめでとうのコメントをもらったと思ったら、つぎ日にこんなことになった。どうも右手の骨折が影響しているみたいです。
いい機会だから、今年の夏から秋はメンテナンスの季節。しっかり治して立ち食いの「さくさく」串かつですね。