写真と空と自転車と

蜻蛉とあめんぼう

8月のお題ー「踊」
とんぼ舞う

c0015099_227195.jpg

お盆ですが、まだ暑い夏。小さな池にトンボを見つけました。
GR DIGITALは単焦点、広角しか有りませんから、来るのを待つしか有りません。
日射しが透き通った羽根に反射しています。

塩をふいたように見えるからシオカラトンボ。ムギワラトンボはシオカラトンボの雌、未成熟な雄も麦藁色をしているそうです。知りませんでした。

水面にはあめんぼうがペアで踊っていました。



平常京では秋の渡りの前に一万羽のツバメが舞うと聞いています。


c0015099_1537462.jpg

060814

knos3
by knos3 | 2006-08-15 02:27 | 写真部 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/4333210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by twtrf2 at 2006-08-16 00:40
単焦点で待つ!、よく撮れてます。
アメンボだって実はそんなにじっとしててくれないもんねぇ・・・。
螺貝池もどこも、なにかもおっ?!って感じでトンボの季節ですね。
Commented at 2006-08-16 00:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kinokoji at 2006-08-16 01:06
アメンボいい写真ですね。暑さと水を伝わる風と移り行く季節が伝わってきます。
一万羽のツバメ、想像の外です。すごいでしょうね。
Commented by knos3 at 2006-08-16 01:24
>kinokoji sun ギラットした太陽の暑い一日でした。昨日は奈良まで行ったのですが、奈良にはまだまだ、自然が残されています、田圃もあるし、春日原生林もあるし、文化財も世界遺産もあるし、自転車写真のブログを書くには最適の場所なんですけどね。以前、奈良に住んでいた頃はアウトドアに興味を持ち始めた頃で、小さな自然にはまだ目が届きませんでした。
Commented by knos3 at 2006-08-16 01:35
>twtrf2 sun 広角ですから、トンボが止まると、手前でまず1枚、ハンドズームで撮りながら少しづつ近づいていく、5枚程撮ると、パット飛び去ってしまう。一瞬の出来ごとです。

トンボの季節ですね。
Commented by twtrf2 at 2006-08-16 01:56
そう、野生生物を撮る時、こちらの眼球を意識されるみたいで、カメラを覗きながら近づくと案外悟られずに寄れますね。
Commented by ozunu13 at 2006-08-16 20:53
待って撮るのは写真の基本だそうですね。
水中で写真を撮る時は特にそれが大事だそうです。
つい追いかけてしまいますが
忍耐の勝利ですね。
Commented at 2006-08-17 19:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。