写真と空と自転車と

テラコッタのフィギア ー 北川宏人

c0015099_1234514.jpg


アニメのキャラクターのフィギアと同列のイメージをもった直立した姿勢の少年、少女。テラコッタで造られたマットな質感と落ち着きのある色で彩色された、静かな彫刻。

未来的なコスチュームに包まれた、現実には存在しない姿・形からは、不思議とリアルな存在感を感じる。現代的な様式の彫刻である。ここには今の日本のスタイルがある。言葉ではうまく表現出来ませんが、現代版阿修羅像のような感じをうけました。印象に残る彫刻。今後の展開が愉しみです。

以前、大丸のギャラリーで見た彫刻。不思議な魅力がある彫刻で、深く印象に残っていた。視覚的なイメージはハッキリと持っていたのだが、作者の名前を失念していた。先日、国立国際美術館のショップで手に取った雑誌で発見。北川宏人。

060812

knos3
by knos3 | 2006-09-08 23:59 | 美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/4314492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]