写真と空と自転車と

桧スピーカーをチューニングする。03

c0015099_18371622.jpg



ひと月の休憩をはさんで、3ヶ月かけてあれこれ実験してきました

・バスレフダクトの調整。 
・側板の補強する。 
・吸音材。
・内部の定在波をなくすこと。

この4点です。この4点だけでもの順列組み合わせと、どの程度やるのかが無数にあるので、Mさんが心配するように迷路に入っていくのです。今回はこの箱を活かすためのチューニングですから、方向性はわかりました。急がず慌てずのんびりやれば、音楽は体で聴くものだと思っているので、「体の声を聴け」がいい答えを出してくれます。


・箱の特徴を活かして密閉型で行く。
・補強材は少なくてもいい。中低音がよく響くように・・・・。
・吸音材は10-14個程度が上限。増やせば低音の締まりはよくなるが、音が前に出てこなくなりつまらない音になってしまうから。
・最後に解決していないのは、戸澤式レゾネーターでは取りきれなかった内部の定在波をなくす方法はいかに・・・・。


箱の内部に発生する定在波を取る方法ですが、今回は2面をつないで1つの曲面にしたので、3面のうち2面は平行面が無くなっています。しかし、左右の側板、1面だけは対策が必要です。今回の条件では一番簡単な戸澤式ジェネレータを3つ入れても効果が足りませんでした。定在波は内部の平行面で繰り返し反射することで起きる現象ですから、曲面で内部を仕切ることで平行面をなくすことですができるかもしれません・・・・これも実験。

定在波をなくす方法は他にもいくつかあって、一世を風靡したB&Wのマトリックス方式のように穴が空いた板で小部屋に仕切ることによって、消音器のような効果があります。小部屋の中で反射を繰り返すことで定在波を切ってしまうやり方です。マトリックス方式のもう一つの利点は、箱を強固な構造で固めてしまうことで余分な振動が起きないようにすることです。今回は過度に振動を抑える必要はないので構造的に強固なものは必要はありません。

そこで柔構造の薄板で内部を曲面に仕切るマトリックス方式を考えてみました。内部はL型に枠組みしてあるので曲面の隅と対角にある枠の間を曲面の薄板で区切るようにすれば、薄い仕切り板で振動を吸収しながら、定在波もなくなるはずです・・・・たぶん。

上図のように、入れてみる。



180802

knos3

180802 MarkAudio CHR70 V3 桧スピーカーをチューニングする。04
180802 MarkAudio CHR70 V3 桧スピーカーをチューニングする。03
180721-22 MarkAudio CHR70 V3 桧スピーカーをチューニングする。02
180510 MarkAudio CHR70 V3 桧スピーカーをチューニングする。01
180412 MarkAudio CHR70 V3 吉野桧厚突板曲物スピーカー、あともうすこし
180403 MarkAudio CHR70 V3 吉野檜厚突板曲物スピーカーのその後
180314 MarkAudio CHR70 V3 吉野檜厚突板曲物でつくるスピーカー
180105 MarkAudio CHR70 V3 心地よい音を聴きたい
171222 MarkAudio CHR70 V3 スピーカーの図面を描いてみた。

120506 MarkAudio CHR70 V3 スパイラル
by knos3 | 2018-09-09 11:00 | 木工所「折々」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/29680235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]