写真と空と自転車と

吉野檜厚突板曲物でつくるスピーカー

c0015099_15324135.jpg

吉野檜厚突板で何ができるか実験中。檜の1.6mm厚突きの突板は軽く曲がる。180度ひねって360度まげて端をつなげた吉野檜厚突単板曲物。素材を出来るだけ自然の理にならって使うことで、簡素で美しい形を・・・・。何かモノになりそう、花器とか敷物・スピーカにも・・・・?。



c0015099_15360857.jpg
c0015099_15335876.jpg


c0015099_15370840.jpg


時間が前後してますが、年末に仕事が切れた時の自由制作で、スピーカーを作っている。ヒノキの曲げをどうするかが課題でしたが、プレスする型の方がいいのでしょうが、実験なのでまずは簡易な型で作ってみる。曲線を写した2枚のランバーの間に曲線に沿って21x45の心材を約70mmピッチでビスでとめて簡易な型つくってみた。接着剤を塗った単板を3枚重ねて、真ん中から振り分けて型になじませながら押えの心材をインパクトドライバーとコーススレッド50mmで締め込んでいく。隙間ができないようにしっかりと密着させる。1日置いて型から外すとうまく曲面ができている。寸法よりは少し戻ってしまうが、木枠に取り付けるのでよしとする。

響板となる側板は単板4枚を接着して一晩プレスしておく。木目を交差させて強度を高める。

箱はヒノキの角棒20mmx20mmを基本にしてL型に木枠を組む。曲面の背板を接着する面を大きくして、接着剤は酢酸ビニール系よりもカリッと硬化する脂肪族エマルジョン系接着剤を使用。こちらの方がコーンという高い音で響きがいいから・・・・。

年末にここまで作って、年明けに完成の予定でしたが、工場の仕事がいそがしくなってこの2ヶ月間は見習い工員として製品作りに専念していた。自分の仕事をしながら目の前で2人の師匠の仕事ぶりを見せてもらうのだ。実際に作らなくても見ているだけで自分でも作れるような気になるから不思議なもので、見習いとはこういうことなのだろう。

そろそろ、峠を過ぎた感があるので、来週あたりからまた再開することになりそうです。バッフルは響きがよかったエンジュを使う。檜のスピーカーはどんな音になるか愉しみである・・・・

171227
180314

knos3

180802 MarkAudio CHR70 V3 桧スピーカーをチューニングする。04
180802 MarkAudio CHR70 V3 桧スピーカーをチューニングする。03
180721-22 MarkAudio CHR70 V3 桧スピーカーをチューニングする。02
180510 MarkAudio CHR70 V3 桧スピーカーをチューニングする。01
180412 MarkAudio CHR70 V3 吉野桧厚突板曲物スピーカー、あともうすこし
180403 MarkAudio CHR70 V3 吉野檜厚突板曲物スピーカーのその後
180314 MarkAudio CHR70 V3 吉野檜厚突板曲物でつくるスピーカー
180105 MarkAudio CHR70 V3 心地よい音を聴きたい
171222 MarkAudio CHR70 V3 スピーカーの図面を描いてみた。

120506 MarkAudio CHR70 V3 スパイラル


by knos3 | 2018-03-14 20:00 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/28818483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kinokoji at 2018-03-15 23:51
接着剤が乾いた後の硬さはいろいろで それのよって音の違いはあるでしょうね。米糊は接着強度はべつにして、かなり硬くなります。ゴム糊はぐらぐらします。使用環境によってその使い分けを考える必要があります。

同じ空気を吸う。なにかを学ぶとき 一番必要なことですね。
Commented by knos3 at 2018-03-16 15:48
なんでも学ぶ、奥深いものです。接着剤の刷毛さばき、接着剤を塗る量、単板・メラミンの出隅の処理、サンドペーパーの当て方。簡単なように思えることでも全て結果の良し悪しに現れる。ひとつひとつの加減がまだよくわからないというのが実情です。考えつづければあるときフッと出来るようになるというものでしょう・・・たぶん。