写真と空と自転車と

大阪の師匠

c0015099_2051642.jpg
c0015099_206562.jpg


お世話になっている大阪の木工所で一日奉公。学校で仕込んだカンナを持って行って見てもらった。砥ぎはいいが下端の削りが多過ぎる、と師匠の言葉。定盤にサンドペーパーをあてて、さっと面を出し、当て木をしたサンドペーパーでサッと削るだけでいい。もう一人の若い師匠は台がカタカタするのが嫌で、真っ平らの状態がいいと言う。この日のために台直しカンナで削り過ぎた・・・・。

梅雨時に台が暴れまくっていた時は下端の削りを多くしていたが、台が乾燥して落ち着いてくればまた直さないといけません、特に最後に台尻が落ちた時カタンと台頭が下がる角度が大きくなるので刃が浮いてしまうわけです。

今日は奉仕と言っても、今の私で出来ることは整理整頓、清掃くらいなので、作業場の隅から清掃を始める。師匠の作業を見ながら、作業の合間に疑問に思ったことは質問すれば的確な答えが帰ってくる。一流の職人の仕事場は正確で手が早い、躊躇することなく手が動き、無駄な動きが無い。整理整頓が作業の流れに組み込まれていて、ひとつの作業が終わるごとにさっと道具を片付けていく。

品物は某有名アパレルブランドの木工事。無垢材と違うのは素材に囚われることなく自由なモノ造りが可能なこと。3.000x1.500xt50の大きな板でも作ることが出来る。細かい部分をみると4mmベニヤの両面に2.5mmのMDF、木端はテープ、仕上げはウレタン塗装、ミラーを貼る面は面落ち、仕上げによって素材を変え何枚も貼り合わせて自由自在に形を造っていく。 いい木がもう手に入らない時代ですから、時代が求める現代の技法なのだ。その代わりに、仕上げの方法が重要です。

写真は師匠から頂いた50年前の東源次というカンナで、地金が柔らかくてよく切れるいいカンナだそうです。他にも貴重な面取りカンナや内丸カンナをいくつかいただきました、ありがとうございます。使いこなせるかどうか分かりませんが、大切に使わせてもらいます。

160810

Knos3

c0015099_257196.jpg

by knos3 | 2016-08-16 17:30 | 道具 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/25888519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kinokoji at 2016-08-17 00:58
はじめて買って手にした鉋が 『東源氏』でした。コレクションではなく 実際に仕事で使う いい鉋だと思います。

台直しは ふつうの立台のやら 責め鉋風なものもありますが ひとつ 際の台直しがあるといいです。私は持ってはいないのですが かみさんが持っていて 時たま貸してもらう事があります。(ときたまなので 自分用に買ってはいませんが)

Commented by knos3 at 2016-08-19 22:29
やっと台がどこで狂うか、そこをどう直すかが、湿度が高い梅雨時の変形から乾燥してまた反ってきた状態を経験して、だいたいわかるようになったところです。学校では定盤にペーパーと普通の台直し鉋でやってますが、際の台直しとは、どう使うのでしょうか。

鉋は奥深いです。だからこそ面白い。
Commented by kinokoji at 2016-08-21 21:36
ふつうの台直しでは 刃先が見えないので 刃口周辺をちょっと修正したいと思っても 場所が分かりにくいですが きわの台直しなら 正確にわかります。ただそれだけのことですが。
Commented by knos3 at 2016-08-22 22:17
知りませんでした。あると便利ですね、刃口や刃の頭寄りの細く残すところは、普通の台直しはフリーハンドでは難しいので定規を当てて直していますが、微妙なところはうまく出来ません。