写真と空と自転車と

巻向から長谷寺、古民家ツーリング

c0015099_656652.jpg

c0015099_21102529.jpg
c0015099_6383137.jpg
c0015099_21114545.jpg


人が住むには建物だけではなく、土地柄や施設などの周辺の環境が大切なこと。そこは現地に行って周辺を回ってみて、そこでどんな生活をしているか想像してみる。。我家は車がなくても生活できることが条件なので、電車から徒歩で最長30分まで。近くに歩いて行ける食料品を扱っている店があること。出来れば世代交代が進んで子供がいる町がいいと思っている。

伊賀、赤目、琵琶湖周辺では東近江、近江八幡といろいろ見てきたが、奈良に住んでみると、奈良はいい。家はそんなに大きくなくてもいいが、平屋で小屋裏のある家。庭があって、木工所ができるような倉庫が欲しい。できれば土間、釜戸・・・・と言い出せばきりがないが。愉しく暮らすには、台所がけっこう重要なポイントになるのだ。

ネットで見た古民家は近いところなので下見を兼ねてツーリング。巻向といえば連休に山辺の道へ行ったときに下っててきたあたりで、近くに箸墓古墳がある。ここからならまっすぐ東へ走ってやや南へ行ったところ。田圃のなかを吹き抜ける朝の風は涼しい。まほろば線を超えると、どうも巻向と柳本の間。

地図で場所はわかっているので、駅を探してルートを辿っていく。外から見ると風情は悪くない。裏庭には鉄骨造の古い倉庫があるが、集落のど真ん中なので騒音が問題になるかもしれません。

長谷の物件も廻ってみる。途中で出雲という地名がある、どっちが先なのか調べてみないといけません。ここが出雲なら、話は分かりやすい、大国主はここなのだと勝手に想像を逞しくする・・・・。参道に面した物件は風情は悪くないが 、ここも木工所ができる場所ではないか・・・・。

いろいろ見てきたが、奈良には古くからの歴史があり、豊かな自然とゆったりした暮らしがある。時間がゆっくり流れているのは、こころが豊かなんだろう・・・・。奈良はいい。

160730
knos3

c0015099_6393520.jpg

c0015099_6402862.jpg




c0015099_6342914.jpg

c0015099_635891.jpg





c0015099_636493.jpg

c0015099_2114428.jpg
c0015099_6375146.jpg

by knos3 | 2016-07-30 21:12 | ツーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/25857264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]