写真と空と自転車と

カブトムシがやってきた

c0015099_2038111.jpg


試験勉強をしていると、窓辺でブーン、バタバタ、と音がする。セミかと思って網戸をみると、大きく、黒く、角がある。カブトムシの雄だ。自然のカブトムシを見るのはもう何十年ぶりのこと。

網戸を開けて捕まえようとすると、角をグイグイ押し付けて抵抗する。大きな力だ。何度か手を放し、やっとのことで捕まえる。部屋に放すと、ブーンと飛んでカーテンへ、登って天井に張り付いたかと思うと、飛んで本棚の中へ・・・・。

つやつや光る大きいカブトムシだ。こちらは戦う意志はないが、座布団の上で威嚇のポーズ。この力強い姿に魅力があるのだろう。珍しいお客さんなので、しばらく鑑賞させてもらってから、夜空に放つ。

野原の草も、昆虫も一番勢いのある時。

カブトムシの一生は成虫になってからの活動期間はわずかに1ヶ月から3ヶ月なのだとか。人生80年とすると、960分の1、人の時間ではわずか30分でもカブトムシにとっては480時間に匹敵する、貴重な時間をいただいてしまったわけだ。

knos3

160724

c0015099_20384651.jpg

by knos3 | 2016-07-27 23:30 | 自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/25842837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]