写真と空と自転車と

なにげない1日。

c0015099_14262051.jpg

朝起きて、一番にすることは朝風呂に入る。一日のはじまりに体を温め、気持ちを入れ替える。この20年間つづいている習慣。

この半年間は毎朝作る野菜ジュースを一杯。その後は30分、ヨガをする。ゆっくり呼吸することで体と心が緩んで、身体の中心にすっと芯が通る。

1日の準備完了。

なにもない日は、窓辺で本を読み、これからの考えをまとめたり、静かにすごす朝の時間は気持ちがいい。

お昼はあるものを使って簡単にまかないをする。今日は自家製干野菜のゴボウとニンジンと新鮮な水菜を使って野菜の餡を作る。ストックしている「肉の水野」の焼き豚を極く薄くスライスして揚げ麺にのせて、上から野菜の餡をかけた、かた焼きそば。

なにげない1日は、昼間は窓辺で過ごす。打ち直した座布団に座り、明るい昼間に窓辺で本を読む時間と狭いながらも空間があるのは幸せなこと。いままでの生活では電車の中や深夜に本を読んでいたが、打って変わって頭の中に本がしみ込んでくるような・・・・。

窓辺の光が、まぶしさを感じる春の日差しになってきた。じっとしていた半年間、体と心も整ってきたので、そろそろ、動く時が来た。今年の啓蟄は3月5日から、二十四節気を体で感じる生活。

160317 啓蟄

knos3

c0015099_14265372.jpg
c0015099_14294322.jpg

by knos3 | 2016-03-17 14:30 | 生きる | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/25418765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]