写真と空と自転車と

Masaki Hayashi Pendulum 今月の新譜

c0015099_10263663.jpg

林正樹というピアニストのPendulumというアルバムギターはWavenirの藤本一馬、ボーカルとヴィブラポンはブラジルのアントニオ・ローレリオ、クラリネットはジョアナ・ケイロス。ブラジルの音が混じった日本の音。静かな音の世界。近頃、こういう音が気に入っている。

様々な刺激が世の中、大声で叫ばない、ささやくような音楽があってもいいんじゃないか。静かにモノ想いにふける時間。抑揚を抑えた、流れる水のような音。そんな時にはこの音がいい。

ドラムもベースも入っていない、リズムのない流れが心地よく感じる。呼吸と同じリズムで、途中で深呼吸が入ったような間、間の感覚がいいんでしょう。DNAの内から聴こえてくる日本の時の間は心が落ち着く。

CD一枚通して聴くことはなかったが、これは一枚が一つの曲のように、つながって流れているように聴こえる。飽きない音。今年のベストになりそうな予感。

160304

knos3




c0015099_102723.jpg

by knos3 | 2016-03-09 21:30 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/25365612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]