写真と空と自転車と

電流帰還アンプとD130

c0015099_0250100.jpg

上段左上からMarkAudio CHR70 V3、まん中がNational EAS 5HH17、右がAirbow CLT-1。下の大きいのが JBL D-130。有効な直径が7.5cm:35cmの面積比は44.15:961.63=21.78倍。

D130で聴いてみたいのですが、電流帰還アンプで聴くにはスピーカーのネットワークを直流接続に替えないといけません。今のネットワークは並列接続というのはわかるのですが、直流接続のネットワークとは、普通では使わない方式なのでよく分かりません。調べてみると・・・・

c0015099_23152228.gif

左が並列接続、右 直列接続

定数はこのままでいいのか?、高音用には手前に並列でコンデンサーとウーハーが並んでいるので、定数が変わるのでしょうけど計算式がわからない。どなたか知りませんか?

電流帰還アンプが普及しない理由は、スピーカーのネットワークもそのひとつでしょう。並列型がほとんどですから、市販のスピーカーはフルレンジしか使えないわけです。

締まった低音は魅力的なので、それでもD130で聴いてみたい。フルレンジにして聴いてみるか、ネットワークの定数を調べないといけません。

Lux、フルデジタルアンプとも比べてみました。Luxが一番落ち着いた音です、低音から高音域まで余裕を感じる音、音の密度が高く分厚い音に感じます。フルデジタルアンプもLuxと同じ傾向、繊細な高音域は魅力的で、やや軽い音。低音も出るのですが、電流帰還アンプの引き締まった低音とは違います。

電流帰還アンプはジャコ・パストリアスのズゥンズゥンと弾んでいるベースはたまりません。リーリトナーのギターもきびきび、キュイーンと歯切れのいい音。中島美嘉のボーカルも前に出て来ます。個々の楽器の存在感が際立つ明瞭な音。これまでの慣れがあるので、電圧帰還の方が聴きやすく感じますが、音の粒がつぶれて聴こえます。しかし、電流帰還アンプのくっきり明瞭な音は長い時間聴いていると聴き疲れするかもしれませんから、その時は、マイルドなitunesで聴けばちょうどいいかも知れません。

今、ジャコ・パストリアスのア リマーク ユー メイドが歯切れのいい音で、鳴っている。

しかしいろいろ問題のある電流帰還アンプです。

・フルレンジしか繋げない。
・直列型ネットワークならマルチでも繋げるのですが、計算式が見つからない
・ボリュームを上げるとすぐに音が割れる。
・音のバランスが悪い

それでも、電流帰還アンプは、スピーカーのインピーダンスの影響を受けないことと、過渡特性がいいことが特徴で、歯切れのいい低音が、重心の低い安定した音楽を心地よく聴かせてくれるのです。

電流帰還アンプは原理的には真空管の三極管と同じ原理なのだそうだ。D130を発表した1948年頃James Barrow Lancingさんは真空管のアンプでこんな音を聴いていたのだろうか・・・・・。

c0015099_02529100.jpg


131030 電流帰還アンプに合わせて直列ネットワークにしてみる
131017 電流帰還アンプとD130
131014 測定の日 電流帰還アンプ+ MarkAudio CHR70 V3
131008 電流帰還アンプ AD00026を聴いてみる
130928-29 電流帰還アンプ AD00026を作ってみる

131017

knos3
by knos3 | 2013-10-21 22:00 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/20841846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ツトム at 2013-10-26 15:55 x
シリーズクロスオーバーネットワークですが、下記に解説があります。
http://sound.westhost.com/parallel-series.htm
Series vs. parallel loudspeaker crossovers - is there really any difference?
また、LとCで作る1次のフィルターの場合、シリーズネットワークと
パラレルネットワークは同じ定数で同一の特性になります。
スピーカーの特にウーハーのインピーダンス補正を行なわないと、特性はパラレルより暴れると考えています。
Commented by knos3 at 2013-10-27 21:23
ツトムさん、ありがとうございます。
同じ定数でいいのですか。そのままのパーツを使えるのなら、繋ぎ替えて、聴いてみますが、まずはインピーダンス補正のところを翻訳して読んでみます。
Commented by ツトム at 2013-11-04 21:24 x
JBLのスピーカーの極性は、電池の+を赤に、電池の-を黒につないだ場合、スピーカーが凹む極性の表示です。日本製(JIS)、その他のスピーカーの極性表示は、スピーカーが飛出る表示です。
D130と他社ユニットの組み合わせは、接続は、JBLの表示が逆のため、注意してください。
割と間違えている人が多いです。
Commented by knos3 at 2013-11-05 22:00
よくご存知ですね、その通りです。アルテックから移ってJBLを立ち上げたときに、逆にしたのだと言われていますね。なぜだかわかりませんが・・・・。

他社製品とあわせる時に注意しないといけません。我家のツイーターは、古いアルニコの松下電機のモノを使っているので、逆相で接続しています。