写真と空と自転車と

ハン・フェン「Floating City2011-13 : あいちトリエンナーレ2013」

c0015099_1819590.jpg
c0015099_2219073.jpg



展示室いっぱいに広がった都市の模型が、大地に根を生やしているはずのビル群が、フワフワと宙に浮かんで、ゆらりゆらりと揺れている。テグスで吊ったトレーシングペーパーの建物、写真をラフに貼ってある、どことなく仮設っぽい浮かんだ都市。

思考の間にすっと入ってくる。理屈じゃない、感覚。アートは考えるんじゃない、感じること。それが面白い。

地震の揺れとか、都市の不安定さとか、儚さ、無常、空、・・・・





展示室を出ると、同じ作家のモノトーンの淡彩で描かれた川の流れ、ドームのトンネル。おぼろげな絵画。

批判的ではない、小さな声でささやくようなメッセージ、考える隙間を与え、想いを呼び起こす。

けっして、写真では伝わりません、モノとしての存在感がないと。



130817

knos3



ART LINK ART HAN FENG


c0015099_18273155.jpg
c0015099_22272117.jpg

by knos3 | 2013-08-23 22:30 | 美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/20635999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]