写真と空と自転車と

ハイク&ツーリング 清滝峠-生駒山上-暗がり峠

峠を走ってみよう。山へ行こう。

c0015099_111995.jpg
平地が好きで、坂道は大の苦手ですが。どこか良いとこないかと思っていたところ、先日、I氏が清滝峠を越えて暗がり峠からかえって来たと言う。恐いもの見たさで、走って来ました。生駒山上辺りからみた大阪平野、大阪湾まで見渡せます。標高は640m。清滝峠が245mですから、さらに400mも登って来ました、しんどいはずです。でもこの景色は最高でした。

c0015099_144856.jpg

20050503

knos3



気楽に清滝峠を目指します、R163をまっすぐ、やや向い風、平地は快調に27-8km/h程度で走ります。このあたりは全く面白くありません。淡々と走ります。JR片町線の陸橋を越えて、東中野の交差点から、坂道に入ります、たちまち8km/h。インナーローでがまんして登ります。トンネル手前から脇道の旧道へ。小休止。ここからはさらにきつい。途中4回休憩。峠は標高245m 標高差215m 距離3.3km 勾配6.5%の坂でした。

YahooMap 清滝峠-阪奈道路

c0015099_163941.jpgc0015099_162193.jpg

c0015099_1103145.jpg峠付近には古い、立派な民家が多く残っています、裏山の竹林がまた見事です。
清滝峠を下ってしまうとまた登らないといけない、登りはもう充分満足しました。そこで右に折れて緑の文化園むろいけ園地へ。ここのハイキングコースを、半分担ぎながら、写真を撮りながら、のんびり一周。バランス良く水と緑が配置されており、さまざまな風景を楽しめる、良く整備された公園です。姿はみえませんが、シジュウカラやウグイスのさえずりが頭上から聴こえて来ます。

c0015099_111262.jpg鮮やかな新緑
c0015099_1121499.jpgこんな道をゆっくり走って来ました。道路は木っ端の舗装、ふわっとした感触の歩きやすい路面です。これいいですね。c0015099_20433344.jpg
c0015099_1123030.jpgここを担いで下ります。こんなところが至る所にありますが、ここはサイクリングロードではありませんから文句は言えません。
地図も持たない、目的地も決めていない気侭なサイクリングですから、南に向いて阪奈道路方面へ走ります、信貴生駒スカイラインは二輪車通行止めですから、直ぐ下の道を走ります。後で地図を見ると、登山道となっていました。自然に囲まれた、ハイキングコースで生駒縦走路。清滝峠から暗がり峠・十三峠をとおって信貴山まで続いています。始めは舗装道路でしたが、畦道のようになり、階段まで出て来ます。くさか園地からはまた舗装道になります、生駒山上まではずっと登りです。連休というのに人影も少なく、しずかなハイキングロードです。のんびり昼寝の人や独りで来ている人が多かったですね。ここにはロードで来る人はいないでしょうね、700Cx19のタイヤで慎重に走ります。くさか園地から額田園地を抜けて、暗がり峠へと続きます。ここまではいい道、いい気分でした。

c0015099_1124559.jpgだんだん細くなって行きます、この先は一体どうなっているのか、期待させる道です。
c0015099_1125957.jpgこちらはくさか園地から先の舗装道。標高640mの生駒山上まで尾根づたいに緩い登り勾配が続きます、生駒山上から先は緩い下り勾配になります。新緑のトンネルが気持ちがいい。

c0015099_1115238.jpg
額田園地を抜けて少し登って右折。少し走ると暗がり峠にでます。交差点が歪んで見えるほどの急坂。下ってみると、ほとんどフルブレーキング状態です。ブレーキ掛けっぱなしでリムが熱くなってました。10mおきに側溝はあるし、コンクリートの丸穴付きの舗装で、走りにくいことこのうえない道路でした。余りにも強烈な下りでしたから写真一枚もありません、暗がり峠はもうニ度と行くことはないでしょう。登りなんて考えるだけ無駄です。峠は標高455m 標高差390m 距離2.3km 勾配17%の坂でした。

57kmを走行4時間、平均14km/hのサイクリングでした。3時間は休憩と写真の時間。山道をロードで走るのもおつなもんです。登りさえなけりゃね。
by knos3 | 2005-05-05 21:45 | ツーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/1680068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]