写真と空と自転車と

安心の買い物 ー ヘルメット

c0015099_010842.jpg

嫁と自転車で、ウエムラパーツへ。山城プチブルペの練習も兼ねてのんびり往復40km、2時間30分程走りました。始めての御堂筋中央車道走行に嫁はさすがにびびってました。振り向くと少し目がトンガッテました。やっぱり車道はなれないと恐いですね。

山城プチブルペ100kmに参加するためには、レギュレーションでヘルメット着用が義務付けられています、ヘルメットには抵抗がありましたが、仕方ありません、いつかはヘルメットかぶらなければとは思っていましたから、いい機会です。格好良いヘルメットなんてないし、あれが似合う人を見たことないし、ヘルメットの善し悪しは良く分りません。どれでも良いかとおもってましたが、良く見るとやはり違いますね。

身体に接するものですから、まずは、頭に合わなくていけません、いろいろ合わせてみましたが、ブカブカのモノや、キチキチのモノ、頭の一部が当たるものなど、靴と一緒でそれぞれに形の特徴あります。LUS クリンプトンの形が、まるでオーダーしたかのように私の頭にぴったりでした。内側がネット張りなので、フィット感が抜群でした。デザインは少し派手目になりましたが、形はこんなモンですね。これをかぶってかっこいい人なんて誰もいませんよね。

早速、帰り道にテスト、かぶってしまえば自分では見えません。と良いながらも、ガラスに映る姿をみながら、ヘンじゃない?****まずまずかな、お互いを励ましあいながら走ってました。装着感は以外と自然で違和感もなく、気になりませんでした、重さも240gと軽く出来ているので存在感はありません。安心の買い物でした。

お互いの安全のためですからみなさん自転車に乗る時はヘルメットかぶりましょう。

「ヘルメットみんなでかぶれば恐くない!」

20050403

knos3
by knos3 | 2005-04-04 19:00 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/1363001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]