写真と空と自転車と

金沢の水---融雪装置


c0015099_1141224.jpgc0015099_1143830.jpg
兼六園は金沢市内では高台にありますが、中央にある霞ヶ池には曲水から常に水が流れ込んでいます。不思議です。出口のおじさんに聞いてみました。ここから上流10kmの辰巳村の犀川から辰巳用水として水を引いているとのこと。もともとは城の用水として造られたもので、造った人は完成した後で、xxxxxという恐い話しもありました。霞ヶ池の横からお堀の下をくぐって、逆サイホンでお城へ水を送っています。

曲水から霞ヶ池、さらに坂を降りた所に、落差を利用した日本最古の噴水もあります、私たちはすぐにポンプアップしてと考えてしまいますが、昔の人の知恵と労力には感心します。

雪の多い地方の道路には、融雪装置が設置されています。私は初めて見ました。赤茶色になっているのは水道管の赤錆の色です。この水も巽用水からなのでしょうか。

c0015099_047817.jpgc0015099_0472733.jpg
c0015099_0501947.jpg
霞ヶ池の鯉。

20050306

Knos3
by knos3 | 2005-03-12 19:40 | 都市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://knos3.exblog.jp/tb/1064556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]