写真と空と自転車と

<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

京都工房めぐり 01

c0015099_20123039.jpg
c0015099_20175545.jpg

奈良のSさんに案内していただいて、京都の工房をめぐる。普段は見ることのできない、仏具工房のまさに職人さんが作業をしている現場。寺院の修復も手がけており、御本尊が祀られる須弥壇と御宮殿。小川三夫さんの本に書かれていたが、西岡さんの弟子になるまでは仏壇屋で修行をしていた訳がよくわかりました。仏壇はまさに宮大工が手がける本堂の須弥壇と御宮殿の仕事を縮小して再現された寺院建築家具だった。

工房では丁寧に作られた部品ひとつひとつを組み上げて、本堂の御宮殿を作っていた。木地の状態で見ても美しいものでした。直線がほとんどない作りなので、大量の原寸の定規や型板を使う。部屋の隅には、これまた大量の墨付け棒が立て掛けられていた。使っている気はシベリア産の紅松。数年ねかせて木取りしてからさらに数年、いい材料をつかうので100年もつのだとか。修理すればさらに100年と言っていた。それでも、今の時代はいい薄板がないそうで、かわりに合板が使われていた。

どうしても道具類に目がいってしまう・・・・。研ぎ場に置かれた砥石や棚に納められた数々の鉋、小さな豆鉋はやはり自分で作るモノなのだ。見事に手入れされた数々の道具に囲まれた、あこがれの世界なのである。

漆は下地から仕上げまで、金箔貼りもここで仕上げられる。金箔や彩色される前の、胡粉で下地処理された白い彫物の欄間は簡素で美しい。エルギンマーブルのように・・・・・。彫物が施された白木の前卓、まえじょくという須弥壇の前に置かれるもので、燭台、香炉、花瓶を置く重要な役割をする台。

仏の世界は、普段は馴染みのないモノですが、木地、漆、金箔、彫物、金具と京都ならではの徹底した分業で作られており、技術のレベルが高くすばらしいモノ。見ればいいモノはいい。装飾された彫刻がまたすばらしい。

金箔貼りの杯をひとつ作らせていただいた。赤坂離宮で使われたものと同じ金箔らしい・・・・。本物の金箔の輝きは美しいものです。残念なことにポツポツと虫食いができてしまった。

170604

knos3

c0015099_20191512.jpg
c0015099_20201719.jpg
c0015099_20232287.jpg
c0015099_20253186.jpg
c0015099_20270841.jpg


by knos3 | 2017-06-14 20:00 | 木工所「折々」 | Trackback | Comments(0)