写真と空と自転車と

<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

榛原から高見川ー吉野川 02

c0015099_14441829.jpg
c0015099_14084259.jpg
c0015099_14111314.jpg
月うさぎの辺りは標高650mと高いので、この時期でもそこかしこに いい姿をした満開の桜が残っている。新緑の萌黄色に混じった桜がおだやかな春の色を感じさせる。虎屋の「春の宵」が想い浮かぶ・・・・、花よりだんごか。

高見川に沿った「よしの庵」は築300年から80年の古民家。母屋は2階建てになっているので明治時代以降に300年の材を使って建替え増築されているようです。骨太の母屋に質の高い広間が増築されていて、書院の床の間や違い棚などいたるところに黒柿が使われている。欄間や建具の組子も手の込んだ作りになっており、数寄者の好みがあらわれている。ひと部屋は板張りの床に薪ストーブとソファーが置かれ、心地いいリビングルームになっている。これに大きな納屋があれば我家が考える理想的な古民家ですね。もちろん蕎麦もおいしい・・・・。ここでもゆっくりして1時間の小休止。

丹生川上神社中社を通って「麦藁」まではあっという間に到着。休憩ばかりにならないようにと、一番人気の天然酵母のバケットと小さいパンをふたつだけ買ってバッグに詰め込んで走る。ここからは谷が開けて単調な下りがつづくので、ただただひたすら風に向って吉野川まで走っていく。向かい風ですが初夏の風がきもちよく、ゆっくりといいながらもついつい本気で走ってしまう。吉野の上千本は桜も満開で見頃ですから多くの人でにぎわっているはず。ひとつ手前の吉野神宮前駅で聞いてみると ちょうど花見客で混み始めているらしい。足を伸ばして終点の吉野駅から乗ることにして、少しだけ上ると ここまで63km。余裕で愉しめる大人のツーリングとしては程よい距離でした。

吉野線は特急を除けば電車は1時間に2本しか走っていない。16:37阿部野橋行き急行に乗り、18:12阿部野橋に到着。橿原神宮前までは単線なので特急でも各駅に止まる。二上山の麓を走って 延々と1時間35分の電車の旅を愉しむ。吉野は実際の距離よりも時間的に遠い町だと感じてしまうのだ。いつもは眠っているから気にならないのか・・・・。

IさんOさん、お疲れさまでした。いい季節のうちにまた走りましょう。

170422

knos3


c0015099_14172835.jpg
c0015099_14192326.jpg
c0015099_14214960.jpg
c0015099_14550875.jpg
c0015099_15140926.jpg
c0015099_15151473.jpg

by knos3 | 2017-04-27 22:00 | ツーリング | Trackback | Comments(0)

榛原から高見川ー吉野川 01

c0015099_11333602.jpg
c0015099_11553997.jpg
c0015099_11021093.jpg

Iさんの復帰第一走はマイベストコースの高見川。一緒に走ったのは9年前ですが、「月うさぎカフェ」も今年で10周年。ともに一区切りの年。

上本町から8:15五十鈴川行き急行にのる、IさんOさんと8:18鶴橋で合流。いい季節なのに電車は意外とすいている。9:05榛原到着。駅前で「南河内の武豊」さんとしばし談笑。我々は高見川を下って吉野まで、武豊さんは高見川を上って松坂まで・・・・。

榛原から、芳野川をさかのぼっていくと、桜はまだちらほら残っている。いい風情の古民家が・・・・あちこちに・・・・。この辺りもいいなと思ってしまう。古民家探しはもともと東吉野からスタートしていますから当然ですが、足さえあればね・・・・。一谷峠の上り口で谷を渡って満開の桜を背景にこいのぼりが泳いでいる。上っていくともうたたんでいる。田植えの準備が始まるのでこどもの日まで待てないのだとか・・・。

ふうふう息をはずませて一谷峠を超えて、「月うさぎカフェ」で珈琲タイム。ゆっくり1時間休憩。目の前の南斜面でご夫婦がワラビを摘んでいた。一瞬の激坂を超えるとあとは深い森の坂を下っていく。高見川の支流で、おどろくほど透き通った清流平野川が流れている。アマゴがいそうな澱みがあり、養蜂箱もいくつか見える。森が気になるのですが、この辺りは手が入り間伐されているようです。豊かな森のめぐみは活かさないといけません。

伊勢街道にでて西へ、旧道を走って新木津トンネルの上を横ぎって高見川に下りていく。何もなかった東吉野に出来た、そば「よしの庵」と天然酵母パン「麦藁」。村を変えていくのは、ワカ者、ヨソ者、バカ者の力なりというが、ともに古民家というのも共感できる。まずは予約してある「よしの庵」でお昼休み。・・・・と休んでばかりいるが、これが大人のツーリング。

170422

knos3

c0015099_13112274.jpg

by knos3 | 2017-04-24 13:15 | ツーリング | Trackback | Comments(0)

近江八幡から再び鈴鹿を越える。

c0015099_01242350.jpg
c0015099_10180493.jpg
c0015099_01251069.jpg
学校も終わったので、ひさびさに名古屋へ帰る。急ぐわけでもないし 電車でまっすぐ帰るのもつまらんので、近江八幡まで輪行して、永源寺から鈴鹿を超えて行けるとこまで・・・・。一昨年の暮れと同じコースを走ってみることに。

古道具屋を二件まわって、その後に家具工房YZさんに小一時間ほどおじゃまする。工房を見せていただき 機械のことなどお聞きする。10坪余りの区画を2区画使っていて、作業がしやすそうな整然と整理された工房には、いい機械を揃えておられました。なにより楽しんで木工をされている姿勢が理想ですね。

道の途中で貴重な黒柿、栃のスポルティッドの端材を手に入れる。なんでも木地師の方と古くからある材木屋から出た材料らしい。視点が変わると今まで気がつかなかったモノが見えてくる・・・・。この奥に木地師の里があるので、また来ないといけません。

トンネルを超えると、暗くなってきた。三岐鉄道の大泉から輪行して、桑名からJRに乗り換える。名古屋からはサクラ咲く桜通りをまっすぐに走る。

170405

knos3


151228 近江八幡から鈴鹿をこえて 02
151228 近江八幡から鈴鹿をこえて 01

c0015099_23121981.jpg
c0015099_23135267.jpg

by knos3 | 2017-04-12 23:00 | ツーリング | Trackback | Comments(0)