写真と空と自転車と

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひとまず完成した「ゴッホの椅子」

c0015099_21073494.jpg
c0015099_21083887.jpg

作り始めたゴッホの椅子は、2週間のうちに部品作りの宿題を済ませて、今週は組立から座面を編むところまで。まずは南京がんなで仕上げを1時間。西洋のカンナは初めて使いましたが、台が鉄や真鍮でなどの金属でできていてかっちり安定しているので台直しはいらないし、刃の出し具合をうまく調整すれば、思いのほかよく切れる。刃はローレットビスで固定するだけなので刃の出具合を微調整するのは意外とむつかしい・・・・。お借りした仕上げ用のカンナはいいカンナらしい。LIE-NIELSEN USAと書いてある真鍮のカンナが好みですが・・・・。銑で粗削りした部材を南京鉋で仕上げると、ほぼ正確な面になった。

つぎに穴あけ、傾斜した脚と背に合わせて角度をつけて脚に穴を開ける。ここも手動で4角いホゾに丸い穴をハンドドリルであける。40mmx35mmの脚に対して19mmの丸穴、しかも深さは27mmとギリギリまで深くとってあるので突き抜けないように注意!。ドリルの角度が治具に合うように横から合い方に見てもらう。このドリルも意外とよく切れる。

穴あけがすんだら、平面の前後を先に組立ていくのですが、ガツンと力で叩き込む感じで、丸穴の角がつぶれて4角になっていく。脚先のホゾは割れやすいので、ホゾの先を少し細くして面取りを大きくとって入りやすくしておく。私は先にツノを切ってしまったので前脚に一ヶ所だけ割れが入ってしまいました。さらに角度がついた前後をヌキでつなぐと。椅子の姿になり座枠が出来上がる。ここまで休憩もなしで昼休みの休憩も30分と短くして作業に没頭しても、もう3時半。まだ座編みが残っている。

今回はイグサの荒縄で編んでいく。後ろと前の幅が違うので、同じ寸法になるまで捨て編み。後ろの座枠からワッパを左右に作り、そこから捨て編み。後は一本を四方に回しながら編んでいく、・・・のだが、半分行ったところで間違いに気が付いた。時間が押しているので最後は主催者のMさんに手伝ってもらって完成。座編みは4隅の網目を直角にするのと、残りの幅を均等することを意識して編んでいくといい・・・・と後から気が付いた。

初めての生木の椅子は、普段やっている木工とは全く違います。丸太を割るという製材からはじまり、機械を使わず手の道具だけでもこれほどのモノができるのだという驚き。日本の竹を使う工芸と同じ感覚で木を扱うことが出来るということを、遠く西班牙と英国から学んだわけです。

機械のない時代にエネルギーを使わずに人の力だけで、身のまわりの自然から得た素材からモノでつくる技術は、これからやって来る時代に見合ったモノづくりのひとつの答えなのではないか・・・・。

170225

knos3

c0015099_21091409.jpg
c0015099_21100057.jpg




by knos3 | 2017-02-27 20:00 | 学校

課外授業 「ゴッホの椅子」

こんな椅子作りたくて

c0015099_17424473.jpg
c0015099_17433881.jpg
c0015099_17441398.jpg
土曜ですが課外授業で「ゴッホの椅子」をつくる。twtrf2さんも入っている「NPO法人グリーンウッドワーク協会」の会員さんでもあり、学校の先輩が実習場にきてくれた。

岐阜の市場で購入したという栗の丸太を割る。クサビを使って数回ハンマーで叩くとパシッと真っ2つに割れる。さらに1/4、1/8に割って、そこからは万力という専用工具で45mm角が3本取れるように木づくりする。辺材は乾いていて細かい割れが入っているが、芯はまだしっとり濡れている。

ゴッホの椅子の図面と木取り表をいただいて、ウマと銑の使い方を習い、いよいよ生木を削る作業が始まる。ウマを作りたい方は、図面はグリーンウッドワーク研究所で購入できるそうです。

40x35が取れるかどうか小口にスミつけして、銑という南京がんなの大きいやつで削っていく。基準面を作って、直角を見ながらもう1面。サイズを確認して角材にする。生木は柔らかいのでサクサクと削って足を4本。背板を3枚、座板を4枚を曲線で形を整えて、ホゾの加工と面取りをしていく。これくらい削ると生木と銑に慣れてくるので、銑がスーッと挽けるようになってきた。おおらかに削れるようになると作業は格段に早くなるし仕上りもきれいになってきた。

通常4回のところを今回は2回の講座で仕上げるので、残りは次回の講座までの宿題となる。合計20本の部材をつくるわけです。次回は脚に丸いホゾ穴を開けて、四角いホゾをぶち込む。丸に四角?なのだそうだ。木工をやっている人はきれいに仕上げようとするので時間がかかります、多少のことは気にしないでザクッといってください・・・・・。

しばらくはこれで愉しめる・・・・・。

170211

knos3
c0015099_17450724.jpg





by knos3 | 2017-02-21 18:00 | 学校 | Trackback | Comments(4)

通学帰路 春?

<a href="http://yayoigaoka.exblog.jp/26396105" target="_blank">2月のお題「春さき」</a>

c0015099_17474761.jpg

冷たい朝の空気から、昼をすぎると日差しはホッコリしてきた。気温は低いのでしょうが、冷たい作業場に慣れた体は暖かさに反応している。帰路いつもの杜を西に見る。夕日が刈り取った稲を照らす、明るい光の中を帰る・・・・。

170215

翌朝は寝起きの空気が冷たくないし、昼間の実習場は15℃を超えた。

厳しいかった奈良の冬が、やっと終わった!!!

knos3
c0015099_17482130.jpg

by knos3 | 2017-02-16 17:00 | Trackback | Comments(2)

雪の日

c0015099_17365986.jpg


朝から雪が降ってきた、寒いけど雪景色はいい。手袋を2重にして、フリースを1枚余分に着込んで自転車で走る・・・・雪だから。今日の実習場は今年一番の冷え込み。ストーブで体を温めては作業に向かうの繰り返し、体を温めるとやる気がよみがえってくる。


専門校展が終わったあと、技能照査という名で実技と学科の期末試験があり、1週間は復習と準備をしていた。技能照査も一昨日無事終了。アサリなしの手作りのこという新兵器のおかげでまずまずの出来でした。

c0015099_17373968.jpg
c0015099_18034129.jpg

あらかじめ決まっていた授業はすべて終了して各自の自由製作に入っているが、今日は選択授業で金属加工。まずはハサミの使い方から、直刃、柳刃、えぐり刃を使ってアルミ板を直線・曲線に切る。次にまっすぐ帯状に切った銅板の端を定盤の上で叩くと緩やかに曲がっていく、さらに叩くこと1時間、同じリズムで同じ調子で叩いていくと180度の半円形になる。さらに1時間叩くと丸くなる。形を整えて、端と端を合わせると、不思議なことにきれいな円が出来る。簡単な道具を使ってマシーンになったつもりで淡々と叩くことで、金属は変形してくれる。初めて見る道具も多く、金槌はいも槌、おたふく槌、椅子屋槌、けがきは松葉コンパスという日本式のコンパス。

サイコロという半球のくぼみがある金型にアルミ板を乗せてむらなく均一に叩くと、小さな椀が出来る。さらにドーナッツ状に切り抜いたアルミ板の裏を叩いていくとふくらんだドーナッツが出来ていく。木材とは全く違う加工法で、金属が形を変えていく。塑性加工という金属の性質を利用した加工方法なのだ。

手を動かしていると、つられた頭が反応して新たなイメージが膨らんでいく・・・・。

1170209

knos3

c0015099_17371559.jpg

by knos3 | 2017-02-09 18:30 | 学校 | Trackback | Comments(0)

唐子・鍵遺跡

c0015099_23200353.jpg

専門校展のために名古屋から2人の友人が自転車を持ってやって来てくれた。昼からのポタリングですから、近場のいいとこ探して唐子・鍵遺跡へ行ってみる。ここは学校の帰りにもふらっと立ち寄る場所。三輪山から北へ春日山・若草山まで連なる東の山々が一望して見渡せる場所で、山に囲まれた広い盆地である奈良らしい開放的な風景がある。山にもやがかかっていることが多いのは、この辺りは川が多く流れていて、かつて湿地だった名残でしょう。

唐子・鍵遺跡は弥生時代の遺跡であり、環濠集落を形成している大きな遺跡のごく一部。今も部分的に発掘中でした。円形の環濠の一部がのぞいていたが、土器の破片ならいくらでも出てくるらしい。

その後、田んぼの真ん中を抜けて、青垣生涯学習センターにある唐子・鍵考古学ミュージアムへ行ってみる。ここは田原本町立のミュージアムで小ぶりながら、わかりやすく愉しめる展示の工夫がされている。木製品に興味があるのですが、弥生時代の木を切る道具は、石斧で木を叩き、ハツリ飛ばすような切り方をする。確か4000回どつくと木が倒れるということだ。木を割るのは楔、鋼の刃物がない時代は、大変な労力を使って木を加工しているのだ。電動工具のある今から見れば木に対する思いは今とは比較にならない重みがある。

木や土・石・動物の骨が道具に使われる材料、木や草からとった糸や繊維もある。弥生時代にはすでに様々な道具を使い、豊かな生活を送っていたことを思わせる。現代の道具と違うのは、食べることとは食料を手に入れるために狩や農業をすることなので、矢じり・農器具が多くみられる。このころはまだ仏教の影響がないので動物も食べていたらしい。展示品の石器には一つだけ一部に塗られて漆が残っていたのだが、どれだったか失念。忘れっぽいので困る・・・・。

土器には文字を思わせる記号が書かれている。言葉はあったに違いないので、何かを伝える記号なのだろう。米とか塩と書かれていたのか・・・・・それとも父用とか子供用と書かれていたのか・・・・。想像をたくましくする。

併設されている図書館も人口3万2000人対して蔵書12万冊のすばらしいコレクションをもつ図書館です。ミュージアムも併せて近くにこういう施設があるこの町はしあわせなことです。奈良の豊かさを感じます。

170128

knos3

by knos3 | 2017-02-05 18:00 | ポタリング | Trackback | Comments(0)