写真と空と自転車と

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

木の器と木の実

今月のお題「木の実」

c0015099_8103753.jpg



堺、大仙公園で開かれている、クラフト市「灯しびと」に行ってきた。出展者の質的平均値が高いのと、大きなセレクトショップのように目で見てわかるほど選考基準が一点に絞られているので、私にとっては実にいい店です。こんな店で売って貰えるとうれしい、三年後にはここで!と目標に設定。

気になった人は、高山の村瀬さん。勤めている製材所の中で挽物を挽いているそうだ。材料が身近にあるにはいいもので、建材として価値があるのは通直な木理で、節や瘤の周りの杢が出ている木理は端材として捨てられてしまうのですが、工芸的にはこっちの方がおもしろい。暴れやすく加工がしにくいので高い技術が必要ですが、それはそれ、割れても味がある、歪んだ形が面白い。使っているのは日本の楓の木、割れや節があってもいいじゃないか・・・・。そう思う今日この頃。

クラフトはやっと日本の土や風を感じるものになってきたように思う。伝統工芸の固い枠組みでもない自然体の民芸がいいんじゃないかと・・・・。

朝の光を受けて、我家の窓辺でいい表情でおさまっている。

161112

Knos3

c0015099_8112452.jpg
c0015099_8374334.jpg

by knos3 | 2016-11-13 08:12 | 生きる | Trackback | Comments(2)

今月のお題「木の実」

10月のお題「秋の晴」

c0015099_0383732.jpg


遅くなりました、すっかり忘れていて申し訳ない。言い出しっぺがこれではいけません。

今までの実習とはちがって、今月から、来年に向けての商品づくりが始まり、急にせわしなくなってきました。職人から工員になり、今は商品の企画、設計までやっている。学校を愉しむことからちょっと本気モードに入ってしまい、ネットを眺めるPCから、CADマシーンとなってしまったPCです。

月も変わって急に寒くなってきた。栴檀の木は黄色い実をつけ、柿もカラスがつついている。秋も深まった感がある。そこで今月のお題は「木の実」とします。

・木の実降る石に座れば雲去来
・木の実落つ昨日の雨の水溜り
・爪楊枝一本挿せば木の実独楽
・流速に乗る一瞬の木の実かな

写真は生け花にしたらと、ご近所さんが折ってくれた柿の枝。葉っぱがいい色になっていました。さっぱりとした甘みの柿でした。ごちそうさま。

161111

knos3
by knos3 | 2016-11-10 23:59 | 写真部 | Trackback(6) | Comments(0)

今週の生け花 161023

c0015099_21361179.jpg


早起きが習慣になって休日も6時目が覚める。覚めてしまえば起きて、珈琲をポットに入れて近場をくるっと一周の散歩に出る。川の反対側は庭の花ですから採ってはいけません。園芸種は大輪で華やかですが、野草は小さくおくゆかしい、そこが山野草のいいところ、川原に咲くムラサキの小菊はヨメナ、黄色く染まりかけたツタの葉を合わせて、秋らしい姿になった。

161023

knos3
by knos3 | 2016-11-01 19:30 | 生活 | Trackback | Comments(0)