写真と空と自転車と

富士山と湖をめぐる 01

c0015099_15350633.jpg
クリックすると大きくなります


母の米寿を祝う旅行に、富士山をひとまわりして富士五湖をめぐる。天気予報では雨のち曇り。こんな日には強い風でも吹いて早く雨雲に去ってもらいたいものだ。

名古屋駅から8:59新幹線こだま638号にて新富士駅に10:31に到着。めったに停まることのない三河安城、掛川などの駅に停車しながら、ゆっくりと1時間半の列車の旅。新富士からはレンタカーに乗り換えて、「弱虫ペダル」ではインターハイ初日のゴール地点になっていた本栖湖キャンプ場に向かうコース。駅からは富士見通りをまっすぐ、正面に白い雲中の富士山を想像しながら走っていく。

富士パノラマラインでは遠く西に、立ち昇る白い靄に浮かぶ南アルプスを望む。森を抜けると急に視界が開けて朝霧高原にでる。この辺りで標高700-1000mだそうだ。道の両側に並ぶ牧場を見ながら抜けていくが、右手に在るはずの富士山はあいかわらず白い雲に包まれている。

本栖湖で東京からの弟家族と合流する。湖畔におりると溶岩の浜で水は透きとおっている。千円札で有名なところで、水深139mと富士五湖では一番深い。富士五湖は西端の本栖湖から、精進湖、西湖、河口湖とつづく・・・・。西湖を過ぎると河口湖に向かって下っていく。

視界が開けると、山頂と裾野を雲の中に残して富士山の姿が現れた。時間とともに強い西風に頭の雲が吹き払われていく。しばらくすると雲が流されて山頂も見えてきた。神がかった富士山の頂から霊気のように雲がたなびいている。

今日は富士山の姿を見ることは諦めていたが、幸運!

P.S. 富士山の特徴的な雪形がある。真ん中に首を上にもたげた鳳凰の姿が写っていた・・・・。

171118

knos3

c0015099_16350535.jpg

c0015099_15451254.jpg
c0015099_23064471.jpg
c0015099_23080645.jpg


# by knos3 | 2017-11-23 11:00 | Trackback | Comments(1)

窓辺で本を読む

c0015099_13551939.jpg

この頃は電車で本を読むことが多くなりましたが、本を読むのは明るい朝の窓辺がいい。朝は頭もすっきり、朝の光は美しく、心地よく読みやすい。正座で背筋をのばして、本に向かう。

書院があればなおいいのですが。本を読むための最低限のモノがあれば、余分なモノはいりませんが、私にとっては本に珈琲と煙草は欠かせません。

引き出しに収まる小ぶりの書見台もつくってみました。窓辺は光の向きがが逆光になるので、本が明るくなるように、寝かせた角度の書見台も作ってみようと思っている。

171104

knos3

c0015099_14423333.jpg
c0015099_14413036.jpg





# by knos3 | 2017-11-20 22:57 | 木工所「折々」 | Trackback | Comments(0)