写真と空と自転車と

2つ目のベンチをつくる。

c0015099_23430180.jpg

1日・日曜大工でベンチをつくる。材料は支給品、パレットに使われていた厚み30mmのベニヤを再利用する。前日にスミ付けと下地処理を済ませたベニヤ板を朝から加工する。借りモノの丸ノコで寸法切りして、接着剤を塗ってビスで留めるだけの簡単日曜大工です。

今回は精度はそこそこ・・・、あくまでDIY。四畳半工房ではできないので、庭先でカットしてあとはホームセンターの作業台とインパクトドライバーを借りてホントのDIY。丸ノコでのカットは15回、ビスが40本、出来るだけ簡単に素早く、姿かたちのいいモノを・・・・。30mmとはいえ、人が座ると座板はたわむので、70mmのヌキを入れる。5時間で完成、仕上げはペーパーがけして、木地のまま。

がっちりとして安定感があるベンチができた。足首がちょっと太かったかな・・・・。

170312

knos3

c0015099_23442366.jpg


# by knos3 | 2017-03-16 17:00 | 学校 | Trackback | Comments(2)

春、通学帰路。

c0015099_18190251.jpg

通学帰路、制作したものを自転車で背負って帰る。いつものポイントで珈琲休憩して一服。

ひのきの椅子は白く美しい木肌が気に入っているのと、触れた感じが柔らかく、持っても軽い。製品としてなんとか完成したい。学校ではひのきを使った前例がないので、ひのきの可能性を手さぐりしながら、制作しつつどこまで持つのか試している。

改良点は、前後の貫を2枚ホゾにして前後の剛性を高くする。手間は掛かりますが9mm1枚のホゾを6mm2枚にするとよく効いて強度はかなりあがることがわかりました。短いホゾしかできないときにも有効な方法です。左右のブレにも強くなるし・・・・。ひのきは割れやすい材料なので、前脚や背板のホゾはツノを大きく残すか、20mm以上控えてホゾ穴をあけることが必要。ホゾは縦方向だけで効かすこと・・・・。柔らかい木なのでホゾを効かせようとして、どうしてもきつく作ってしまうのだ・・・・。

カンナがけもむつかしい。通直な目はきれいにカンナが掛かるが、節周りや節が隠れているところはパリッパリッと逆目がとれてしまう。木の中まで目をよんで、逆目にならないように、時として前後からかける必要がある。針葉樹のカンナで苦労しているというと、先生から針葉樹用のカンナは刃先角は25度、仕込み角が45度にするといい・・・・。刃先は鋭角ですが仕込み角が立っているので逆目が出にくい。針葉樹専用のカンナを持てということか・・・・、まずは刃先角だけでも25度にしてみようか・・・・。

170310

knos3
c0015099_18202182.jpg

# by knos3 | 2017-03-14 18:00 | 学校 | Trackback | Comments(2)