写真と空と自転車と

最後に実習室の大掃除

c0015099_11001315.jpg
c0015099_11025883.jpg
c0015099_11035083.jpg

1年間のすべての実習が終わり、借りていた工具を返却して、実習場の大掃除・集塵機と機械の清掃。できる限りの掃除をして、次に渡していく。全てが終わってあとは修了式を残すだけ。

お世話になった先生たちと実習室。カンナの砥ぎから始まって、手加工と機械加工を合わせて違い棚を作りながら、できるか?できるようになれるか?という心配はよそに、できるだろう!という確信はもつことができました。全く初めての20人をここまで教え、後押しして、引っ張ってくるのは大変なことだったと思います。おふたりの先生には感謝しています。

さまざまな経歴と広い年齢層の同級生たちと、同じ目的を持ってともに歩むことが大きな力となりました。多くの仲間ができたことを嬉しく思います。学校を中心にして多くの人たちとつながることができたことも大きな財産です。

一番よく使った機械はアーテンドルフの横切り昇降盤、寸法精度が高い精密な加工には、順番を待ってもこの機械にお世話になった。使い始めは刃や定規の調整が出来ていなかったりしたけれど、使い慣れて正しく調整をすれば、軸が安定していて刃のブレがないので切削面がきれいなのと、定規の目盛りと実寸法が正確に合っているので、0,1mmの精度が求められる加工には実にいい機械なのだ。ただ、高価な機械なので、これが見納め・・・・。

今後はこの1年で奈良に工房を持ち、3年後に灯しびとの集いに出店することを目標にしています。たぶん・・・・。

充実したいい一年を過ごすことができました。ありがとうございます。

170324

knos3

by knos3 | 2017-03-29 19:30 | 学校 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://knos3.exblog.jp/tb/26540703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]