写真と空と自転車と

朝から野駆け

今月のお題、「 団扇風 ー うちわかぜ 」

c0015099_20092599.jpg

このところ休日はもっぱら休息の1日。日常の緊張感と暑さのおかげで、体力を回復する貴重な時間である。今週末は3連休で気持ちの余裕があるので、緑豊かな我家の庭である大阪城で朝食を・・・・。いつもの京橋口枡形の巨石で組まれた石垣の上。ハゼノキ、ケヤキ、アキニレ、クスノキ・・・・。周り一面生い茂った木々のなかで頭の上から蝉の音が降り注ぐ。濃い緑と蝉の声、眩しい日差しが夏の光だ。スーッと空気が動くと涼しさを感じる。心地よい場所でサンドイッチを食べて、なにもしない1日。

足元にいろんな木の実が落ちている、何の実かよくわかりませんが、左はタイサンボクの花芯、アキニレの葉っぱ、銀杏?、アキニレの下に落ちていた木の実。自然の造形にはかないません・・・・。

170715

knos3

c0015099_19535853.jpg
c0015099_19572170.jpg
c0015099_20083864.jpg


# by knos3 | 2017-07-18 20:21 | 生活 | Trackback | Comments(0)

京都工房めぐり 02

c0015099_19110878.jpg
c0015099_19102069.jpg


京都の工房ふたつめは、桂離宮の近くにあるSさんの工房。京都の伝統工芸・調度指物の工房である。

入り口に置かれたうろになったケヤキの根元は本堂の演台になる。バランスを見てどこをカットするか、慎重にラインを決める。山川草木悉皆成仏、すごいモノになりそうな予感・・・・。仕上がりが愉しみである。

道具の話に入り込む。鉋、砥石、鉋盤の調整、接着剤、着色、話を聞けばきりがないほど面白い。鉋のことでは純玉という刻印が入った玉鋼の鉋身が仕上げ鉋には最適。今はもう作っていないので古い道具屋で探のだとか。東寺弘法市でも出ていることがあるので刻印をよく見ること。特殊鋼もいいらしい・・・・。これも刻印をよく見ること。

黒柿風に意図してカビを生えさせたり、鉄で染めたり、蜜蝋とイボタ蝋を混ぜて独自の蝋を作る。独自のモノを作る発想とどこまでも試してみる姿勢が素晴らしい。
c0015099_19131272.jpg
c0015099_19135251.jpg
c0015099_19292261.jpg
c0015099_19123227.jpg

170604knos3
# by knos3 | 2017-07-07 19:30 | 木工所「折々」 | Trackback | Comments(0)